PPIHC

パイクスピークインターナショナルヒルクライム

世界で類を見ないスケールで開催されるヒルクライムである「パイクスピークインターナショナルヒルクライム」
初開催は1916年で、アメリカではインディ500に次ぐ歴史を持ち、世界でも3番目に古い歴史を持つことでも知られるトラディショナル・モータースポーツイベントである。
約20kmのコースには156の大小のコーナーが存在し、標高2,862m地点をスタート、頂上までの標高差1,439mを一気に駆け上がる世界でも最も高い標高で開催されるモータースポーツイベントと知られている。2010年までは未舗装路だったが、現在では全コースが舗装された。山肌を走るコースにはガードレールがない部分も多く、ミスを犯せば600mの急斜面を滑落するという危険が伴う。

私たちはこのヒルクライムに1991年に初参戦を果たして以来、現在までその時代に応じたスタイルで参戦を継続しています。
アジア系チームとして2番目の参戦実績を持ち、2012年にはエレクトリッククラスで優勝を果たしました。
これからも、パイクスピークマウンテンにチャレンジングな挑戦を続けていきます。

パイクスピークインターナショナルヒルクライム公式ホームページ

 

PIKES PEAK INTERNATIONAL HILL CLIMB

“Pikes Peak International Hill Climb” which is a hill climb racing event to be held on an unparalleled scale in the world.
The first event was held in 1916, a traditional motor sports event known in the United States that has a history after the Indy 500 and also has the third oldest history in the world.
There are 156 large and small corners on the course of about 20 km and it is known as a motor sports event to be held at the highest altitude in the world.The elevation of start point is 2,862m and the goal elevation is 4,301m. It was an unpaved road until 2010, but now all courses were paved. There are many parts that do not have a guardrail in the course running on the mountains, and if you make a mistake there is a risk of sliding down the steep slope of 600 m.

Since we first entered this hill climb in 1991, we have continued to participate in the style according to that era until now.
He has the second participation experience as an Asian team and won the electric class in 2012.
I will continue challenging to America’s Mountain “Pikes Peak”.

PIKES PEAK INTERNATIONAL HILL CLIMB official web