Media

日本では多数のメディアに取り上げられ、常に注目されている大会です。

A HISTORIC WEEKEND FOR ELECTRIC VEHICLES(Sponcer’s article)

奴田原文雄、パイクスピークに日産リーフで参戦(RALLY PLUS)

奴田原文雄選手がパイクスピークに帰ってきます!【PPIHC2018】(WEB CARTOP)

パイクスピーク:日産リーフで参戦の奴田原、天候悪化でコース短縮のなか好走(RALLY PLUS)

今年のパイクスはVWが優勝! 電気自動車が史上初の総合コースレコード樹立[PPIHC2018](Web Cartop)

そもそもパイクスピークインターナショナルヒルクライムは、毎年11カ国以上、アメリカ国内の13州からの250人以上のメディア関係者を集めています。 6大陸のレースファンにオリジナルのコンテンツを提供し ています。
2017年は、AP通信、CNN、BBC、をはじめとする大手メディアから、多くのインターネットメディアに取り上げられ、パイクスピークインターナショナルヒルクライムのメディア報道数は、2009年のLe Mansよりも大きいといえます。

プジョー、レクサス、アウディ、ドカッティ、ミツビシ、アキュラ、ホンダ、ハンコック、横浜ゴム、トヨタ、レッドブル、グランツーリスモ、名だたる企業が、その優れたメディアパフォーマンスとコストパフォーマンスを認めパイクスピークインターナショナルヒルクライムに参加しています。

By http://ppihc.org/